肌が弱い方のためのクレンジング方法

肌が弱い方のためのクレンジング方法

 

肌が弱い方にとってはクレンジング選びも苦労が多いことでしょう。

 

今はデリケートな肌の方のことを考えてあるクレンジングも出回っていますが、それでも肌に刺激を感じるという方もいます。

 

そこで肌が弱い方はどのようにクレンジングをするかという方法も提案しましょう。

 

選ぶべきクレンジングはできるだけ肌と相性が良く、使い勝手が良いものを選ぶといいですね。クレンジングミルクが好みであればそれでいいですし、ジェルタイプがいいならそれでもいいのです。

 

またクリームでしっかり落とすほうが気分もいいならそれがいいのです。もちろんオイルも相性が良ければ問題ありません。

 

ただし刺激を避けるため、焦らないでクレンジングで落とすということを、どのクレンジングのタイプでも忘れるわけにはいきません。相性が良く、肌に合っていても、焦って落とすということはそれだけ肌へは刺激になってしまうからです。

 

肌が弱い方の多くは刺激に弱いわけですから、刺激をとにかく少なくさせます。クレンジングも例外ではないのですから、焦らないようにしましょう。

 

 

蒸しタオルを用意する

 

 

クレンジングで汚れなどが浮いてきたら、通常はそのまま洗い流すか、コットンで拭き取って済ませますが、肌の弱い方の場合はちょっと手間をかけましょう。ここで用意しておくのは蒸しタオルです。

 

汚れなどを含んだクレンジングを蒸しタオルに吸収させ、肌の刺激を減らすようにしてみましょう。最初は落ちるか不安かもしれませんが、十分に蒸しタオルは汚れを吸収します。

 

その蒸しタオルでの汚れが落とせたら、肌への刺激が少ない洗顔料で洗ってもいいですし、ただ洗い流しても構いません。これはクレンジングの使い方で選ぶといいですね。

 

もしも肌に合うクレンジングが見つからないときには、薬品の基剤に使用するオリブ油を使ってみましょう。肌に負担がなく落とせます。

 

 

くすみを取り去る洗顔クリーム