ダブル洗顔は絶対必要?

ダブル洗顔は絶対必要?

 

日本は洗顔に適した水質ということもあり、洗顔は当然のように行われています。

 

逆にヨーロッパ、特にフランスは洗顔に適していない水質のため、洗顔を行うというスキンケアはあまり行われていません。

 

そういう風土の違いもあり、日本のダブル洗顔はヨーロッパの女性から見ると不思議なものに感じるようです。

 

しかしながら日本人であっても、肌タイプは多様であり、ダブル洗顔をして健やかな肌が維持できる肌タイプの方もいれば、ダブル洗顔を行うと乾燥に悩まされてしまう肌タイプの方もいます。

 

そうなってくると洗顔料の必要性も考えることが自分の肌を健やかに保つために必要になるわけです。

 

かといって拭き取りタイプのクレンジングでは肝心な「拭き取る」というステップが刺激になってしまう方もいますから、洗い流すタイプでも洗顔料が不要というものを選ぶといいですね。

 

ダブル洗顔がふさわしい肌もあれば、ふさわしくない肌もあるという把握を自分なりにしておくことも、上手にクレンジング方法を選ぶ秘訣なのです。

 

 

余計に取ってしまった皮脂や水分を後から補うのは困難

 

 

もしも洗い流しタイプでも「洗顔料不要」とあればダブル洗顔の必要はありません。

 

しかし使い方を読んでみて、「洗い流した後は洗顔料で洗いましょう」と記載されていれば、ダブル洗顔の必要があるクレンジングです。

 

そのため今、お使いのクレンジングの使い方を再読し、その方法で使っていて、肌の不具合やなんとなく落ち着きの悪さを肌に感じているなら、ダブル洗顔に切り替えるなり、ダブル洗顔不要というクレンジングに切り替えることも必要です。

 

いくら日本の気候が湿度という肌の味方に守られているとしても、余計に取ってしまった皮脂や水分を後から補うのは困難です。

 

そこでダブル洗顔の必要な肌なのか、不要な肌なのかも把握し、選ぶべきでしょう。

 

 

くすみを取り去る洗顔クリーム