クレンジング剤はケチってはダメ

クレンジング剤はケチってはダメ

 

クレンジング剤に関して言いますと、とにかく汚れになじませ、肌から浮かせることで落としますから、適量を守る必要はあまりないと言えます。

 

逆に言えば説明書の適量がさくらんぼ1個としても、メイクや肌の汚れ具合ではそれ以上使ってもいいのです。

 

つまりクレンジングの使用量をケチることは肌への負担が大きくなったり、汚れが落ちにくくなるので、基本の使用量に多少上乗せしたくらいでもいいのです。

 

肌の摩擦はトラブルの原因になりますよね?

 

クレンジングの使用量をケチったら、それだけ肌への摩擦は大きくなります。すると汚れを落とすどころか、逆に肌に汚れをなすりつけることになってしまうのです。

 

それを防ぐためには使用量をケチらないことです。

 

「こんなにたくさんの量のクレンジングを使ったら、クレンジング自体を落とすのが大変になりそう」と思う方もいるでしょう。

 

しかしそのクレンジングの使い方が正しければ、クレンジングは少し多めに使っても落とすのが簡単です。

 

 

肌の汚れを落とすために肌の摩擦を防ぐ

 

 

またクレンジングを落とす際に、1回ティッシュで汚れを含んだクレンジングを押さえ軽く取っておくという方法を行うと、クレンジングは落ちやすくなります。洗い流すタイプでも同じです。

 

肌の汚れを落とすために肌の摩擦を防ぐことも考えて行うのが、肌に負担をかけないメイク落としのコツです。

 

クレンジングの使用量をケチると肌の摩擦も起こりやすくなるという認識を持つことも、上手にメイクを落とすコツだと言ってもいいでしょう。使用量が多過ぎが問題になることはありませんし、むしろ少なすぎることが肌には危険なのです。

 

 

くすみを取り去る洗顔クリーム